自分でムダ毛処理するのは限界

私が大学の友達とハワイに行った時の出来事です。
ハワイに行ったら必ずやりたいのが、マリンスポーツですよね。

私も水中ウォーキングやダイビングなどを存分に楽しんでいました。そして、運命のバナナボートの時間がやってきました。

stockfoto_43560687_XS私はバナナボートに乗り込みました。バナナボートが走り始め私は、落ちないよう水しぶきを浴びながら必死にしがみついていました。そして、しがみつきながらふと、瞑っていた目を開けると踏ん張っている両足の間から元気にこんにちはしてました。

ビックリして、とても恥ずかしですが片方でも手を離せば海に吹っ飛んでしまうので、全開になびかせながらも私は必死にしがみついていました。

バナナボートが無事に終わり、浜辺に戻ってきましたが、知らない人や友達が周りにいっぱいいるのでなかなか直すことができず、見たこともないような極度な内股でやり過ごしました。

それまで、Vゾーンなどの脱毛やお手入れは必要ないと思っていたので今回の一件で考えさせられました。

iライン脱毛痛い.net

綺麗な足になっておしゃれしたい

私は他の人よりも毛深くて、小学生の高学年くらいから悩んでいました。特に足が気になっていました。

stockfoto_43533723_S低学年の時は気にせずスカートを履いて素足を出していました。しかし毛深くいのを気にしだしてからは、パンツを履くようになり常に足を隠していました。

子供ながらに悩みピンセットで1本ずつ抜いていた事もあります。中学・高校の時は制服でスカートだったため、2日に1回くらいの頻度でカミソリで剃っていました。

毛深いため、少しでも生えてきたらヒゲみたいにチクチクして、その状態になっているのを人に見られるのも恥ずかしかったです。しかし頻繁にカミソリで剃っていた為、肌はカミソリ負けしてしまい、ヒリヒリしていました。

また、毛穴が赤くなって、結局毛を剃っても肌が汚すぎて、隠したい気持ちでいっぱいでした。大学に入ってからは私服でした。

年頃なのでかわいいスカートを履いたり、ワンピースを着ておしゃれをしたかったです。なのでサロンできちんと脱毛する事に決めました。

きちんと脱毛すると、カミソリのようにお肌に負担をかけることもなく、きれいな肌を取り戻すことができました。

http://xn--2014-pk4cfuj8d8do5jpba2997t5lvc.com/